九州大学 先端素粒子物理研究センター Research Center for Advanced Particle Physics

10月
01

About Us

先端素粒子物理研究センター

Research Center for Advanced Particle Physics

 先端素粒子物理研究センター (Research Center for Advanced Particle Physics:RCAPP)は2012年10月1日、九州大学に開設されました。本センター第1期(~2018年3月)では、スイス・ジュネーブのCERN研究所のLHC (Large Hadron Collider) を用いたATLAS実験、国際リニアコライダー計画 (International Linear Collider : ILC)の推進を中心に、研究活動を行ってきました。 本センター第2期(2018年4月~2023年3月)では、既設の3部門にJ-PARCでの実験のための部門を増設し、以下の部門構成でさらに幅広い活動を行っております。

1. テラスケール物理実験部門:LHC 加速器でのアトラス実験に参加し、測定器の運転・データ収集
物理解析、およびHL-LHC 計画のためのアトラス測定器アップグレードを行う。
2. 次世代加速器実験推進部門:次世代加速器 ILC で行う実験のための物理研究と測定器 の開発設計を行い、
国際共同実験の中核を担う研究拠点の形成を推進する。
3. 先端素粒子物理理論部門:素粒子物理の理論的研究。実験部門と協力して標準理論を超える新しい理論・
モデルの構築等を行う。
4. 大強度量子ビーム実験部門:J-PARC 実験施設で行う大強度量子ビームを用いた素粒子物理と物質生命科学の
実験的研究を推進する。J-PARC の九州大学分室の運営を担当する。

当ホームページでは本センターの研究やアウトリーチに関する広報活動を行っていきます。

連絡先

TEL/FAX: 092-802-4054 EMAIL: rcapp_admin(at)epp.phys.kyushu-u.ac.jp

上記(at)は@に置き換えいただきますようお願いします。

先端素粒子物理研究センター構成員一覧

令和3年4月1日現在の情報です。

 

部門 職名 氏名 所属 備考
テラスケール物理実験部門 准教授 東城 順治 理学研究院 複担
助教 音野 瑛俊 RCAPP 専任
次世代加速器実験推進部門 教授 川越 清以 理学研究院 複担
特任教授 清水 洋 理学研究院 協力
教授 塚原 健一 工学研究院 協力
教授 三谷 泰浩 工学研究院 協力
教授 髙田 仁 経済学研究院 複担
助教 末原 大幹 理学研究院 複担
客員教授 杉山 晃 佐賀大学
客員准教授 房安 貴弘 佐賀大学
先端素粒子物理理論部門 教授 鈴木 博 理学研究院 複担
教授 山本 一博 理学研究院 複担
教授 原田 恒司 基幹教育院 複担
准教授 大河内 豊 基幹教育院 複担
准教授 津村 浩二 理学研究院 複担
大強度量子ビーム実験部門 教授 安中 雅彦 理学研究院 複担
教授 渡辺 幸信 総合理工研究院 複担
教授 田中 敬二 工学研究院 協力
准教授 吉岡 瑞樹 RCAPP 専任
特別研究員 小川 真治 RCAPP

Tags:

Comments are closed.