九州大学 先端素粒子物理研究センター Research Center for Advanced Particle Physics

10月
01

About Us

先端素粒子物理研究センター

Research Center for Advanced Particle Physics

 先端素粒子物理研究センター (Research Center for Advanced Particle Physics:RCAPP)は2012年10月1日、九州大学に開設されました。本センター第1期(~2018年3月)では、スイス・ジュネーブのCERN研究所のLHC (Large Hadron Collider) を用いたATLAS実験、国際リニアコライダー計画 (International Linear Collider : ILC)の推進を中心に、研究活動を行ってきました。 本センター第2期(2018年4月~2023年3月)では、既設の3部門にJ-PARCでの実験のための部門を増設し、以下の部門構成でさらに幅広い活動を行っております。

1. テラスケール物理実験部門:LHC 加速器でのアトラス実験に参加し、測定器の運転・データ収集
              物理解析、およびHL-LHC 計画のためのアトラス測定器アップグレードを行う。
2. 次世代加速器実験推進部門:次世代加速器 ILC で行う実験のための物理研究と測定器 の開発設計を行い、
               国際共同実験の中核を担う研究拠点の形成を推進する。
3. 先端素粒子物理理論部門:素粒子物理の理論的研究。実験部門と協力して標準理論を超える新しい理論・
              モデルの構築等を行う。
4. 大強度量子ビーム実験部門:J-PARC 実験施設で行う大強度量子ビームを用いた素粒子物理と物質生命科学の
               実験的研究を推進する。J-PARC の九州大学分室の運営を担当する。

当ホームページでは本センターの研究やアウトリーチに関する広報活動を行っていきます。

連絡先

TEL/FAX: 092-802-4054 EMAIL: rcapp_admin(at)epp.phys.kyushu-u.ac.jp

上記(at)は@に置き換えいただきますようお願いします。

先端素粒子物理研究センター構成員一覧

令和2年4月1日現在の情報です。

部門 職名 氏名 所属 備考
テラスケール物理実験部門 准教授 東城 順治 理学研究院 複担
助教 織田 勧 理学研究院 複担
助教 音野 瑛俊 RCAPP 専任
次世代加速器実験推進部門 教授 川越 清以 理学研究院 複担
教授 清水 洋 理学研究院 協力
教授 塚原 健一 工学研究院 協力
教授 三谷 泰浩 工学研究院 協力
教授 髙田 仁 経済学研究院 複担
助教 末原 大幹 理学研究院 複担
客員教授 杉山 晃 佐賀大学
客員准教授 房安 貴弘 佐賀大学
先端素粒子物理理論部門 教授 鈴木 博 理学研究院 複担
教授 肥山 詠美子 理学研究院 複担
教授 原田 恒司 基幹教育院 複担
准教授 大河内 豊 基幹教育院 複担
准教授 津村 浩二 理学研究院 複担
大強度量子ビーム実験部門 教授 安中 雅彦 理学研究院 複担
教授 高原 淳 先導物質化学研究所 複担
教授 渡辺 幸信 総合理工研究院 複担
教授 田中 敬二 工学研究院 協力
准教授 吉岡 瑞樹 RCAPP 専任

Tags:

Comments are closed.