九州大学 先端素粒子物理研究センター Research Center for Advanced Particle Physics

Archive for the ‘お知らせ’ Category

前回の熱もさめやらぬまま「サイエンスカフェ@ふくおか」の第7回目が開催されます!
前回を楽しんでいただいた方も初めての方も是非ご参加ください!

講師にはおなじみの吉岡さんに加え、
今回は九州大学で天体物理を研究されている山岡先生をお迎えし、さらに宇宙について深く迫っていきます。

 

テーマ:「宇宙の謎に迫る ~ 星の一生、宇宙の一生 ~」

日時 : 3月1日 19:00〜21:00 (18:30 開場)
場所 :メディカルシティ天神 7F (福岡市中央区天神5丁目7番7号)

詳細は以下のポスターを参照ください。

Tags:
2月
05

(2/18)講演会のお知らせ

Posted by admin

2013年2月18日、福岡市中央区でILCに関する講演会『国際リニアコライダーと宇宙』が開催されます。
講師には高エネルギー加速器研究機構(KEK)の藤本順平先生がいらっしゃいます。
科学的な意義から建設による地域への経済効果など、ILCに関する様々な解説が聞けますので是非ご参加ください。

◆◆◆開催概要◆◆◆
●日時/02月18日(月) 18 :30~21:00
●場所/電気ビル共創館3階カンファレンス(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
●講演/「演題」(講師)
●第1部「国際リニアコライダーと宇宙」(藤本順平高エネルギー加速器研究機構講師)
●第2部「国際リニアコライダーは地域をどう変えるか」(高田仁九州大学大学院准教授)
●参加/無料
●主催/九州経済連合会、福岡商工会議所、福岡県経営者協会、福岡経済同友会、九州経済調査協会

その他詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。

 

Tags:

注:1月21日、2名全ての教員募集が締め切られました。ありがとうございました。

九州大学先端素粒子物理研究センターの教員公募の情報を掲載しました。

詳細は当ホームページ上部の公募情報、または九州大学理学部ホームページの公募情報よりご覧になれます。

(当記事は公募期間中当サイトのトップに掲載されています。)

Tags:

市民講演会 『宇宙の謎に迫る!国際リニアコライダー(ILC)計画』 のお知らせです。
次世代の素粒子研究の先端を担う国際リニアコライダー(ILC)計画について分かりやすくお話します。ILCとは何か、最近話題のヒッグス粒子とは何か、ILCが探索する『宇宙の謎』とは何か、これらトピックスに興味がある方は是非お越し下さい!

  • 日時: 平成24年12月1日 18:30 ~ 19:30  (18:10 受付開始)
  • 場所: コミセンわじろ 2F 第一会議室 (東区和白丘 1-22-27 和白地域交流センター)
  • 講師: 川越 清以 (九州大学理学研究院 教授 兼 RCAPPセンター長)
  • 主催: 九州大学・福岡市
  • 申し込み不要 (直接会場へお越し下さい)

 

東区講演会ポスター (pdf)

Tags:

11月10日、福岡県糸島市の糸島市役所本庁舎にて市民講演会『国際リニアコライダーでヒッグス粒子の謎を解く(KEKキャラバン)』が開催されました。

講師としてKEK(高エネルギー加速器研究機構)より藤本順平氏、福岡県商工部より米澤英彦氏の両名をお迎えしました。

はじめに藤本氏により「宇宙をつかまえるリニアコライダー」と題して加速器とはどういうものか、またそれを利用してどのような現象をみることができ何を理解できるのかをわかりやすく説明していただきました。

続く第二部では米澤氏より「科学は娯楽!?〜都市構想の目指すもの〜」と題して国際リニアコライダーの誘致に際して考えられる効果や、どのように発展していくかなどの都市構想についてお話をいただきました。

講演後の質疑応答では、参加者の方から物理・都市計画を問わず鋭い質問があがり、とても充実したものとなりました。

総勢100名を超える方々にご参加いただき、成功のうちに終わりました。

 

開会直後の風景

講演開始直後の様子

Tags:

10月27日、福岡市のアクロス福岡・国際会議場にて先端加速器科学技術推進シンポジウムが開催されました。

講演者には高エネルギー物理業界でもトップレベルの豪華なお二人、
スイスはCERN研究所の所長Rolf-Dieter Heuer氏、日本つくば市は高エネルギー加速器研究機構の機構長 鈴木 厚人氏を迎えました。
Heuer所長にはCERN研究所のこと、CERNで行われているLHC(Large Hadron Collider)実験のこと、さらには先の7月にそこでされたヒッグス(らしい)粒子などを含む現代の素粒子物理学を包括した説明をしていただき、また鈴木機構長には日本でのILC(国際リニアコライダー)計画実現に向けての講演をしていただきました。

講演後には質問コーナーを設け、新たに当RCAPPセンター長 川越 清以、大阪大学大学院理学研究科准教授 花垣 和則氏、京都大学大学院理学研究科助教 尾田 欣也氏を加えた5名により、参加者の方々からの様々な質問に答えていただきました。

総勢200名を越える参加者を迎え、大成功に終わりました。

シンポジウム開会直前に一枚

Tags: